商品紹介
HOME >  商品紹介  > コーヒー粕堆肥

コーヒー粕堆肥

コーヒー粕堆肥
コーヒー粕は、未発酵のまま施用すると窒素飢餓の原因となるだけでなく、作物の生育を阻害する作用が認められる一方、一旦発酵、堆肥化されると作物の生長を高め、病害虫の発生を抑制するなど、すばらしい効果を発揮する有益な資材に変身します。

コーヒー粕堆肥の特徴

①フザリウム菌(植物病原菌)が原因となる萎ちょう病など、土壌病害の発生を少なく抑えます。

②土壌中の有用な微生物を増殖させ、作物の生理を促進、活性化します。

③多孔質の形状をしているため、余分な水分を吸収するなど副資材としての利用が効果的です。

成分分析例

成分分析例
原料 (コーヒー粕)